03-3357-2480
受付時間
月~金 9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

税理士の顧問契約が必要なケース

  1. 税理士法人三栄会計事務所 >
  2. 顧問契約に関する記事一覧 >
  3. 税理士の顧問契約が必要なケース

税理士の顧問契約が必要なケース

税理士との顧問契約が必要になってくるケースは、「事業規模が拡大した場合」と「借入を行う場合」が主に考えられます。

事業規模が比較的小さな場合には、個人で扱う金額も少ないため、会計業務や税金の手続きにそれほど大きな負担はかかりません。ですから、何か問題が起こった際には、スポット相談という単発での税理士への依頼で対処すれば問題ありません。

しかし、事業規模が拡大した場合には、取引金額も大きくなり、かつ従業員の増加に伴い取らなければならない年金や各種保険制度に関する税金の手続きも多くなります。これでは事業に支障を来す恐れがあります。そのため、顧問契約を結んで、税理士に煩雑な税金の手続きや会計業務を一任する必要性が出てくるのです。

また、借入を行う場合にも顧問契約を結んだ税理士がいると良いでしょう。
銀行から借入をする際は、様々な書類の提出が求められます。
その書類の中には、過去の決算書をはじめ、現在の経営状況に関するものが含まれます。

自分自身で経理を完全に把握し、各種書類を準備することができれば問題ありませんが、本業に追われた経営者においては、完全を追求するには現実的に困難です。

そうした場面で顧問税理士は、企業の経営状況を完全に把握しているため、銀行とのやり取りをスムーズに進行することができるのです。こうすることで、経営者は利益追求に力を注ぐことができ、資金調達は税理士に頼ることができるのです。

税理士法人三栄会計事務所は、東京都新宿区・渋谷区・中野区・世田谷区を中心に、神奈川県や千葉県、埼玉県にてご相談を承っております。
顧問契約をお考えの際は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

税理士法人三栄会計事務所が提供する基礎知識

  • 顧問契約は絶対に必要なのか

    顧問契約は絶対に必要なのか

    「税理士との顧問契約を結ぶ必要はあるのか。」 そうお考えの方も多いのではないかと思われます。 顧問契...

  • 法人税申告書の書き方

    法人税申告書の書き方

    法人税を申告、納税するために「法人税申告書」を作成する必要があります。法人は決算が終わると法人税を申告...

  • 起業前に準備しておくこととは

    起業前に準備しておくこととは

    法人を起業するにあたっては、主に次のようなことを準備しておく必要があります。 ●「定款」の準備 法人...

  • 株式会社と合同会社

    株式会社と合同会社

    日本で設立できる会社の種類に、株式会社と合同会社があります。 以下では、この二つの違いについて説明しま...

  • 法人税のシミュレーション

    法人税のシミュレーション

    法人を経営していくにあたっては、毎年の決算額に対する法人税の申告と納付をする必要があります。しかし、法...

  • 会社設立の手続き

    会社設立の手続き

    一般的に会社設立手続きは、会社名や事業目的などの基本事項、資本金や役員を決定した後に、定款の作成・認証...

  • 帳簿作成の流れ

    帳簿作成の流れ

    法人であっても、個人事業であっても、確定申告には帳簿付けが必要となります。 また、決算書の作成や業績の...

  • 所得税の種類

    所得税の種類

    日本の所得税法では所得を10種類に分けて考え、その所得の性質に応じて課税方法が異なります。 確定申告で...

  • 法人(会社)が納める税金の種類

    法人(会社)が納める税...

    法人が納める税金の種類は1種類だけではありません。法人は決算を行った後に利益に応じた税金を納めますが、...

よく検索されるキーワード

ページトップへ