03-3357-2480
受付時間
月~金 9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

会社設立にかかる費用

  1. 税理士法人三栄会計事務所 >
  2. 会社設立・起業支援に関する記事一覧 >
  3. 会社設立にかかる費用

会社設立にかかる費用

会社を設立する場合、定款の作成や登記申請等の手続きが必要となりますが、それに伴って様々な費用が必要となります。
ここでは、株式会社と合同会社の設立費用と設立時に必要な資本金について記載します。

■株式会社の場合
定款に貼る収入印紙代→4万円(電子定款の場合は不要)
公証人手数料→5万円(株式会社のみ必要)
定款の謄本手数料→1ページあたり250円
登録免許税→15万円または資本金の0.7%を比較して高い方

■合同会社の場合
定款に貼る収入印紙代→4万円(電子定款の場合は不要)
定款の謄本手数料→合同会社の場合は定款認証が不要のため、なし
登録免許税→6万円または資本金の0.7%を比較して高い方

■共通した費用
上の他にも、株式会社と合同会社に共通する設立時の費用として、会社の実印と印鑑証明書、個人の実印、個人の印鑑登録、個人の印鑑登録証明書それぞれの登録料が必要となります。

さらに設立時には資本金も用意しなければなりません。資本金の額によっては、課税対象、融資や許認可の要件を満たさない場合もあるため、注意が必要です。また、最低資本額は、株式会社も合同会社も同じく1円以上となっていますが、信用面を考慮すると、1円での会社設立は現実的とはいえません。

したがって、資本金を決定する際には、税金や信用、創業融資、許認可の4つの観点をふまえて検討する必要があります。


東京都新宿区にある税理士法人三栄会計事務所では、新宿区、渋谷区、中野区、世田谷区を中心に、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の地域で、起業補助金、定款変更、定款・登記などの法人相談から、相続税のご相談まで幅広く対応いたします。
お客様のニーズを丁寧にヒアリングさせていただき、状況に応じたサービスを提供いたしますので、お気軽にご相談ください。

税理士法人三栄会計事務所が提供する基礎知識

  • 所得税の種類

    所得税の種類

    日本の所得税法では所得を10種類に分けて考え、その所得の性質に応じて課税方法が異なります。 確定申告で...

  • 定款の電子認証

    定款の電子認証

    定款とは、法人の目的、内部組織、活動についての根本的な規則を記載したものをいいます。 定款には、書面に...

  • 最初に決める事

    最初に決める事

    会社設立時には、会社の基本事項となることを決定し、定款に記載しなければなりません。 会社運営の指針とす...

  • 所得税とは

    所得税とは

    所得税とは、個人の純所得を課税対象とする国税のひとつです。広義には個人所得税と法人所得税の両方を指しま...

  • 行政への許認可申請

    行政への許認可申請

    許認可申請とは、事業を行う際に、その種類に応じて事前に役所への届出や許可の申請を行うことをいいます。 ...

  • 法人税申告書の書き方

    法人税申告書の書き方

    法人税を申告、納税するために「法人税申告書」を作成する必要があります。法人は決算が終わると法人税を申告...

  • 帳簿作成

    帳簿作成

    会計帳簿は青色申告をする場合に作成が必須となります。 また、白色申告でも前年度の所得が300万円を超え...

  • 法人税のシミュレーション

    法人税のシミュレーション

    法人を経営していくにあたっては、毎年の決算額に対する法人税の申告と納付をする必要があります。しかし、法...

  • 会社設立手続きの流れ

    会社設立手続きの流れ

    ■会社設立手続きの流れ 会社を設立する場合、一般に以下のようなステップを踏んでいきます。 ① 会社概...

よく検索されるキーワード

ページトップへ