03-3357-2480
受付時間
月~金 9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

税理士に会社設立をする場合の費用

  1. 税理士法人三栄会計事務所 >
  2. 会社設立・起業支援に関する記事一覧 >
  3. 税理士に会社設立をする場合の費用

税理士に会社設立をする場合の費用

一般に、会社設立の際には以下のように、多くの費用が必要となります。

■株式会社の場合
定款に貼る収入印紙代→4万円(電子定款の場合は不要)
公証人手数料→5万円(株式会社のみ必要)
定款の謄本手数料→1ページあたり250円
登録免許税→15万円または資本金の0.7%を比較して高い方

■合同会社の場合
定款に貼る収入印紙代→4万円(電子定款の場合は不要)
定款の謄本手数料→合同会社の場合は定款認証が不要のため、なし
登録免許税→6万円または資本金の0.7%を比較して高い方


上の他にも、株式会社と合同会社に共通する設立時の費用として、会社の実印と印鑑証明書、個人の実印、個人の印鑑登録、個人の印鑑登録証明書それぞれの登録料が必要となります。


■税理士に依頼した場合の費用は?
税理士に会社の設立を依頼した場合、設立にかかる費用を抑えることができる場合があります。

設立手続きにおいては、費用を抑えることができるポイントは、電子定款を利用することです。
これを利用することで、印紙代の4万円を抑えることができます。

しかし、自分で電子定款を利用するには、いくつかのグッズをそろえる必要があります。これらを一からそろえた場合は、4万から7万円の費用がかかり、収入印紙代よりも高くなることがわかります。

そこで、こうした手続きは専門家に任せてしまうことをお勧めします。例えば、電子定款の認証の部分のみを税理士に依頼した場合、認証にかかる費用は、税理士への報酬のみとなります。
一般的に、この場合の報酬費用は2万から3万円となっているため、収入印紙代や電子定款を自分で利用する場合よりも安く済ませることができます。

また、会社設立のすべての手続きの代行を依頼した場合であっても、トータルでかかる費用は大きく変わらずに、自分で行うはずだった手続きの手間を省くことができます。費用に関しては、会社の形態や依頼する事務所によって異なるので、専門家に相談してみることをお勧めします。

また、一般的に、役員報酬や事業年度などは税理士との相談で決定するため、設立後の顧問契約を含めて、税理士に相談するのも一つの手ではあります。


東京都新宿区にある税理士法人三栄会計事務所では、新宿区、渋谷区、中野区、世田谷区を中心に、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の地域で、税理士顧問、節税、新規開業などの法人相談から、相続税のご相談まで幅広く対応いたします。
お客様のニーズを丁寧にヒアリングさせていただき、状況に応じたサービスを提供いたしますので、お気軽にご相談ください。

税理士法人三栄会計事務所が提供する基礎知識

  • 顧問契約は絶対に必要なのか

    顧問契約は絶対に必要なのか

    「税理士との顧問契約を結ぶ必要はあるのか。」 そうお考えの方も多いのではないかと思われます。 顧問契...

  • 確定申告

    確定申告

    確定申告とは、年に一度自分の所得金額をまとめて申告し、税金を納めることをいいます。一定の所得がある人は...

  • 所得税とは

    所得税とは

    所得税とは、個人の純所得を課税対象とする国税のひとつです。広義には個人所得税と法人所得税の両方を指しま...

  • 中野区の税金シミュレーションは税理士法人三栄会計事務所へお任せください

    中野区の税金シミュレー...

    法人税の納付資金の調達のためには、まず税額シミュレーションを行う必要があります。そのシミュレーションの...

  • 合同会社は節税に向いている?メリット・デメリットは?

    合同会社は節税に向いて...

    会社を設立する際には、株式会社や合同会社などといった業態で会社を設立することが出来ますが、その中でも合...

  • 税理士の顧問契約が必要なケース

    税理士の顧問契約が必要...

    税理士との顧問契約が必要になってくるケースは、「事業規模が拡大した場合」と「借入を行う場合」が主に考え...

  • 年末調整

    年末調整

    年末調整とは、給与所得者の給料から天引きして支払った月々の所得税額(源泉徴収税額)の総額と、実際に支払...

  • 個人事業主の税負担の最適化

    個人事業主の税負担の最適化

    個人事業主の場合、支払う主な税金は、所得税・事業税・住民税・消費税の4つです。給与所得者のように勤務先...

  • 創業支援の融資を受けるには

    創業支援の融資を受けるには

    創業間もないころは、資金も多くなく、大きな予算も立てられないため、事業拡大にお悩みの経営者の方も多くい...

よく検索されるキーワード

ページトップへ