03-3357-2480
受付時間
月~金 9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

税理士の顧問契約が必要なケース

  1. 税理士法人三栄会計事務所 >
  2. 顧問契約に関する記事一覧 >
  3. 税理士の顧問契約が必要なケース

税理士の顧問契約が必要なケース

税理士との顧問契約が必要になってくるケースは、「事業規模が拡大した場合」と「借入を行う場合」が主に考えられます。

事業規模が比較的小さな場合には、個人で扱う金額も少ないため、会計業務や税金の手続きにそれほど大きな負担はかかりません。ですから、何か問題が起こった際には、スポット相談という単発での税理士への依頼で対処すれば問題ありません。

しかし、事業規模が拡大した場合には、取引金額も大きくなり、かつ従業員の増加に伴い取らなければならない年金や各種保険制度に関する税金の手続きも多くなります。これでは事業に支障を来す恐れがあります。そのため、顧問契約を結んで、税理士に煩雑な税金の手続きや会計業務を一任する必要性が出てくるのです。

また、借入を行う場合にも顧問契約を結んだ税理士がいると良いでしょう。
銀行から借入をする際は、様々な書類の提出が求められます。
その書類の中には、過去の決算書をはじめ、現在の経営状況に関するものが含まれます。

自分自身で経理を完全に把握し、各種書類を準備することができれば問題ありませんが、本業に追われた経営者においては、完全を追求するには現実的に困難です。

そうした場面で顧問税理士は、企業の経営状況を完全に把握しているため、銀行とのやり取りをスムーズに進行することができるのです。こうすることで、経営者は利益追求に力を注ぐことができ、資金調達は税理士に頼ることができるのです。

税理士法人三栄会計事務所は、東京都新宿区・渋谷区・中野区・世田谷区を中心に、神奈川県や千葉県、埼玉県にてご相談を承っております。
顧問契約をお考えの際は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

税理士法人三栄会計事務所が提供する基礎知識

  • 法人(会社)が納める税金の種類

    法人(会社)が納める税...

    法人が納める税金の種類は1種類だけではありません。法人は決算を行った後に利益に応じた税金を納めますが、...

  • 創業支援の融資を受けるには

    創業支援の融資を受けるには

    創業間もないころは、資金も多くなく、大きな予算も立てられないため、事業拡大にお悩みの経営者の方も多くい...

  • 法人化(法人成り)に必要な費用

    法人化(法人成り)に必...

    個人事業主として事業を行っている方は、事業が軌道に乗ってきたら、さらなる事業拡大のため、法人化を検討さ...

  • 法人の節税対策方法

    法人の節税対策方法

    法人には、利益に応じて法人税を支払う義務があります。しかし、法人税などを節税することによって、法人で使...

  • 資金調達の種類

    資金調達の種類

    資金調達は会社の設立や運用の根本的な要素であり、また様々な場面で必要です。 例えば、会社を設立する際や...

  • 【税理士が解説】創業計画書の書き方

    【税理士が解説】創業計...

    新規事業をはじめるにあたって、外部から融資を受ける場合、その融資における審査の重要なポイントとなるのが...

  • 所得税の計算方法

    所得税の計算方法

    所得税は、個人が1年間で得た所得に対して課税が行われます。 所得の種類によって課税方式も異なり、適用さ...

  • 銀行から融資を受けるには

    銀行から融資を受けるには

    会社で資金が必要となったとき、資金調達の方法として代表的なのが銀行融資の方法です。銀行融資の特徴として...

  • 行政への許認可申請

    行政への許認可申請

    許認可申請とは、事業を行う際に、その種類に応じて事前に役所への届出や許可の申請を行うことをいいます。 ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ